今日の言い分

 | RSS |
投稿日時: 2019-06-22

第9回シアター・オリンピックス黒部会場 前沢ガーデン野外ステージ完成記念公演「ディオニュソス」の会場、前沢ガーデンにやって来ました。【写真左上:北東側から見る前沢ガーデンハウス。右上:北東側から見る前沢ガーデンハウスの夜景。左下:芝生の丘と白花亭を見る。丘の向こうに野外ステージ。右下:南西側から見る前沢ガーデンハウスの夜景。】日本・インドネシア共同制作作品で、開始早々字幕頼みですが、僕の席からは遠くて厳しい状況でした。劇が進むにつれ日本語が増えてきましたが、内容の理解は厳しい状況のまま…だったのですが…おや、次第次第に思い出してきました。遥か昔に利賀で観たことあるぞ。演出は違えど、忘れようのない(忘れていたけど)インパクトのあるエピソードは一緒です。ちょっと知ってると思うとリラックスして楽しめました。鈴木忠志さんの解説では、利賀の野外劇場の特徴は“水・花火”、ここは“広大な芝生の丘”でどちらも世界でもまれに見るものだそうです。さらに宇奈月のセレネも素晴らしいホールと絶賛していらしたので、黒部での上演がどんどん増えればいいなと思います。


投稿日時: 2019-06-18

事務所の紫陽花が見頃です。食糧事情がいいのかカエルも丸々と太っていて、花の上で休む様子はクッションのきいたソファーに包まれているようで、とても気持ちよさげです。


投稿日時: 2019-06-15

バイクで上越を目指すも強風のため(ピューっと海まで飛ばされそう)断念し、姫川(糸魚川)でUターンしました。で、帰り道ヒスイ海岸(朝日町)に寄ってみたところ、海岸もヒスイテラスも大いに賑わっていました。


投稿日時: 2019-06-14

来週のコーラスフェスティバルで演奏する「フォスター名曲集」の終曲、「ケンタッキーの我が家」は遠い昔に原詞(英語)で歌った懐かしの曲ですが、このメドレーでは日本語です。歌いだしの“The sun shines”がなんで「ひかげ」なのか気になっていたので調べました。楽譜では平仮名の「ひかげ」は日陰ではなく日影でした。「日影」は日の光です。もう知らないことばかりです。さらに日本語訳詞を読み込むと、何だか夜逃げみたい、と話のタネにするつもりが…原詞もそんなに違わないというか、もっと過酷な「突然の不作による黒人一家の離散の悲劇を描くプランテーションソング」のようです。あの頃は歌詞の意味も考えずに、ただ郷愁を誘う美しい曲と感じていましたが、意味が分かったからには切々と歌いたいと思います。フライドチキン食べたい、とか連想してる場合じゃありません。


投稿日時: 2019-06-12

空が夏っぽくなってきました。田んぼの溝切りをしないといけないのですが、田を歩くと足の裏にオタマジャクシを踏んだ感触が残るのがイヤで、買うわけではないけれど、乗用溝切機のカタログを見てみました。ふーん、作業者の体重制限があるのか…。えーっと、やっぱり自分の足で歩かないとね。


« 1 (2) 3 4 5 ... 254 »