今日の言い分

 | RSS |
投稿日時: 2010-04-14

「特選!!米朝落語全集」が半分以上揃ってきました(入善のTSUTAYAには第二十集まであります)。なぜか、動物がタイトルに付くものに好きなものが多く、猫の忠信/らくだ/鯉船/鴻池の犬、等々…さて、「鹿政談」は誤って鹿を殺めてしまう、奈良が舞台の噺です。下げがちょっと軽いですが、「奉行なら米朝」の通り(どこかで読んだ受け売り)、迫力があって人情味溢れる噺が楽しめます。さらに、鹿を殺すと重罪になることは、江戸時代から奈良の常識であることも分かります。


投稿日時: 2010-04-13

昨日のクローズアップ現代を見ました。廃墟巡りがブームのようです。僕にとっての廃墟は「天空の城ラピュタ」のイメージが強く、一番見ている宮崎作品かもしれないです。さて、写真は'93年頃、今の「入善町下山芸術の森」としてリニューアルされる前の施設の一部です。かつてはあったであろう屋根がないので空が見える、これが廃墟の妙味なんでしょうか。


投稿日時: 2010-04-12

松川べり(富山市)の桜は先週の金曜が見頃だったそうです。さて、桜ではなく竹なんですが、よく行くラーメン店が最近「竹箸」に変わりました。環境にやさしいそうですが、この箸、滑りやすくないですか。どれくらい環境に優しいのか知らないので、その点はノーコメントですが、「ラーメンは滑らない箸で食べる」という人としての基本をないがしろにしてはダメでしょう。


投稿日時: 2010-04-11

第1回焼肉杯ピアノコンクールのレッスンが始まりました。教室はM.PiANO(魚津市)です。僕の課題曲は「J.S.バッハ/メヌエット ト長調」で、参加メンバーの中では僕が少し(謙遜)楽譜が読めるので、まぁ、有利なんでしょうが、右手と左手を別々に動かすなんて、やはり未知の世界です。美里先生の指導を素直に聞いて、がんばりたいと思います。…余談ですが、魚津市をキーボードで叩くとき、正しくは uodusi なんですが、つい uozusi としてしまいがちです。すると、魚寿司となります。これはこれで、おいしそうなんですが。


投稿日時: 2010-04-10

富山弁には英語と同じ表現がある、と前々から思っていたことを、友人の旦那さんジョンに聞いてみました。
 標準語:あなたの家に行ってもいいですか。
 英 語:May I come to your house?
 富山弁:あんたち来てもいいけ。
富山弁と英語は、go ではなく come なんですよね。裏付けが取れすっきりしたので、気持ちよく飲んでいます。(音次郎/入善町)ん?でも下新川弁だけ、かもしれないです…
【追記】ジョン夫妻からこのページにUPされるのを楽しみにしているとのコメントをいただき、「シドニーでも見れるんだなぁ」と実感しました。ちょっと、…かなり嬉しいです(4月12日)。


« 1 ... 244 245 246 (247) 248 249 250 ... 263 »