今日の言い分

 | RSS |
2010年2月19日 「高田三郎作品を聴いてみた」
投稿日時: 2010-02-21

昨年来、入善混声合唱団では「ふるさとの四季」(源田俊一郎編曲)を歌う機会が続いています。歌い込むにつれ、いい曲だなぁという思いが深まるのですが(季節柄か『冬景色』なんて歌詞を読んだだけで泣きそうになります)、タイトルの『四季』つながりで、高田三郎の「心の四季」もまた聴いてみたくなりました。で、学生の時に歌った演奏テープを探したのですが、なぜかその年のものだけ見当たりません。そこで購入したのが、この豪華4枚組み高田三郎ずくしのCDです。日本語がネイティブでよかったなぁ、としみじみ思いました。