今日の言い分

 | RSS |
2010年1月25日 「アンコウ」
投稿日時: 2010-01-25

雨樋なんですが、横樋と縦樋の接合部である集水器のことをアンコウといいます。で、なぜアンコウと呼ばれているのかを調べてみました。開口部が上を向いて屋根に下がっているので、口をあけて吊るされたアンコウに似ているからだそうです。…あの、「吊るし切り」でさばかれる状態のアンコウかな…。この事例の樋はガルバリウム製(タニタハウジングウェア/スタンダード)で、その集水器がすっきりとしています。スマートでいいでしょう、という趣旨の文面にするはずだったんですが、アンコウに同情というか愛着が出てしまったので、うーん、あってもいいかな。